手湿疹やアレルギー性皮膚炎。薬なしでどう治す?

当院では、アレルギーやアトピーの治療も
おこなっていますが、そういった症状で
お困りの方というのは非常に多くなっている気がします。

病院で処方された薬で良くなればいいのですが
実際にはなかなか改善しない方も多くいます。

なぜ、薬を使っても良くならないのか?

根本から考えましょう!
人間含む動物は皆全て自然治癒力が備わってます。

何か不調が起きたり、怪我をしても
病院へ行くのは基本的には人間だけです。

基本的に野生動物の自然治癒力はすごいと思いますが
実は人間の治癒力というものも侮れません。

そして、もう一つ大事なのが「睡眠」
人間も動物も「睡眠」で最も回復します。

子供がいい例ですよね。
でも大人になるとそうはいかない。

なぜ、自然治癒力が低下してくるのか?

それは、ストレス、食生活、運動不足、筋力低下

結果、冷える、硬くなる、歪む・・・

内臓や血流、呼吸、ホルモン分泌を
コントロールする自律神経が乱れ

上記全ての機能が低下します。

つまり、

体本来の機能が低下 = 睡眠で回復できない

という自然治癒力の低下が原因です。

内臓が弱ってしまっているのに
いくら薬を飲んでも、塗っても、
むしろ肝臓・腎臓などに負担をかけ
弱らせてしまいます。

ではどうすれば?

キーワードは「あたたかく・柔らかく」

人間は、「あたたかく・柔らかく」生まれ

死んだ時は「冷たく・硬く」なります。

冷える・硬い

はそちら側に近づく事なので

当然体にとっていいはずはありません。

改善のためにはまず、アレルギーの人に特徴的な
歪みを整えること。

そして、アレルギーに大きく関わる
腎臓や腸を温め、刺激を入れる事。

これを続ける事で、薬なしで
湿疹や皮膚炎を始め、さまざまなアレルギー症状が
改善される可能性があるのです。

実際に、そういう方をたくさん見てきましたし
こういった考え方は、慢性的な肩こり腰痛などにしても
当てはめられるのです。

肩が痛いから、腰が痛いから
マッサージに行く・・・

その時は良くなってもまた痛くなる・・・
これ、当たり前の事なんです。

だって、内臓から弱ってしまって
本来の体の機能が低下してるんだもん!

これを理解しないと、慢性症状は
いつまで経ってもなかなか改善できないのです汗

赤ちゃんから大人まで施術可能です。
まずはご相談ください。

※個人的な見解であり、その説や効果を
保証するものではありません。

新浦安駅から徒歩5分。
内臓から元気にする整体院
HPはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする